スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RM-01Aいんぷれ。 

いまさらですが、
(すでに1ヶ月が経過しようとしている…w)

先日、Myスイポに導入したマフラー、
FUJITSUBO RM-01Aのインプレを。
(交換直後のプチ・インプレと大体カブってますケド、御勘弁をw)


08120102.jpg

見た目はやはりカコワルイネ(;´∀`)・・・
といいつつ、オイラ的にはリアバンパー左側にぽっかり空いた穴の奥から
うっすらと黄色いバネがチラ見しちゃってるのが変態チック漢らしくてスキ♪(ヲイ!
RM-01Aの普及率にもよるとは思うんですが、
他のZC31と明確な差別化が出来たってのも、オイラ的には◎ですね☆

あと個人的にポイント高めだったのはタイコ部が目立たなくなってリアビューがスッキリした(寂しくなった?w)ところ。
以前から、ZC31用デュアル出しマフラーのほとんどがディフューザー下方からタイコが覗くものが多く、(以前装着していたLegalis Rもそう。純正もそう。)
あまりオイラの好みではなかったんですね。
そこの不満も解消されたので◎なワケです♪
08120101.jpg

ただ、やはり左側の穴が空きっ放しってのはイマイチダサいのでw、
いろいろと穴塞ぎのネタ(エ?)を考えているところでつ。





軽量化ってのが、ZC31にRM-01Aを導入するうえでのポイントになると思うんですが、
(FUJITSUBOのデータでは純正マフラーの11.4㎏に対し、RM-01Aは3.6㎏と7.8㎏の軽量化となっています。参考までにLegalis Rは10.5㎏ですた)
ちなみに現在FUJITSUBOさんからはRM-01Aの更なる軽量化を進め、
オールチタン製の RM-01A typeTi をリリースしていますね。
こちらの重量はなんと2.3㎏!!!(軽ぅ~w
正直、オイラは見た目の面白さ&音量UPを狙っていたので、
軽量化はほとんど意識していなかったのですが、
交換直後はケツが軽くなったのが(鈍感なオイラでも)ハッキリと判りましたね。
でもねぇ、それで回頭性が旋回性がとか、リアの過重がどうのとか、
そこらへんは感じられずwww あぁ、オイラやっぱ不感症w

サーキット走行を視野に入れているヒトならば、
その恩恵は大きなアドバンテージに繋がるのかも知れませんね♪



肝心の(?)音量はというと・・・
結構大きいです!!!
かなり低音が強調されてます!!!

エンジン始動時に
ブォォゥンッと低音が響き、
アイドリング時は静かなんですケド、
走り出して、2500rpmを越えたあたりから、
ブォオォォォーッってなカンジで音量UP。
更に踏んでいくと、4000rpm付近から
かすかにフォォォーッ風な中高音がミックスされてきます。
つか、うまく文章で表せない…(;´Д`)

昔のチューンド・テンロクNAらしい高音ではなく、
おそらく2000ccクラスのターボ車のようなサウンドとでも申しましょうか。

FUJITSUBOさんのサンプル動画でイメージしていたサウンドとは大分違うってのが正直な感想。
ホントはスイポクラスであれば、高音で(ラ・アンさんのマフラー的な)フゥアァァァーンッってなサウンドが似合うと思うんですが、
このターボ車風味の低音サウンドもキライぢゃないので、とりあえず◎。

ちなみにLegalis Rはブォロロォ~ンなやや中高音サウンドで、コレはコレで結構好みでした♪



お、結構長めな投稿になってしまったようなので、
続きは後にします。

コメント

なかなかレーシーな感じでつね。
私もマフラー変えたいなぁ。つうか、タコアシから変えるかも。
軽量ならシングル出しだけど、重くてもデュアルテールが欲すい。
サーキット走るのにカッコ重視です(笑)
  • [2008/12/29(Mon) 23:58:04]
  • URL |
  • パル
  • [ 編集 ]

>パルさん

ワォ!タコ足ですかぁぁ!!!
逝っちゃいましょう♪
ついでにマフラーも!
ちょっと強引ですが、シングル出しで抜けの良いヤツにして、
もう片方の穴に、ダミーのテールパイプを付けるとかwww
ある意味ハッタリが効いてて結構面白いと思いません?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://msk45.blog68.fc2.com/tb.php/191-ee6c13ba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。